人を癒す施術を提供できるセラピストの資格について

ノートとペン

人を癒す仕事をする

女性

ほとんどは民間団体のもの

「セラピスト」は範囲がとても広いということはご存知でしょうか。リンパマッサージや足つぼ刺激などで身体を直接触って行う「ボディ系セラピスト」、話をするなどして精神的な問題を解決に導こうとする「心理系セラピスト」、現代科学でははっきりと証明されていないエネルギーを扱う「エネルギー系セラピスト」に大きく分けられます。近年ではセラピストのもともとの語源であるセラピーに治療、療法という意味があることからセラピストという名前を使っている人もこれら以外にも増えてきています。これらの資格のほとんどは民間の資格となり、医師が行うような医療行為や病名の断定などは行えないことには注意が必要となります。あくまで民間療法という立ち位置になります。

学び方はいろいろ

人を癒す仕事をしたい、とセラピストを目指す人も多いのですが、その資格取得方法はさまざまとなっています。学校などで心理セラピストとして働くためには国家資格が必要なため、心理学を学び大学を卒業するなどの条件が必要となりますが、その他の資格は認定を行っている団体や協会の指定する講座を受講するだけでセラピストと名乗れるという簡単なものも多く、半日程度の講座を受けるだけで良いというものもあります。実際に半日の講座で名乗るセラピストとしては仕事として成り立たせるには努力が必要になってくるのではないでしょうか。また、同じようなことをする資格でありながら、いくつもの団体や協会が乱立している場合にはどの講座が良いのか迷ってしまいますので事前にしっかりと調べておくことが重要になります。

子供を教育する仕事

婦人

幼稚園教諭は、子供と遊ぶだけではなく様々な活動の中で教育を行い、愛情を持って接する仕事です。幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必要なので、大学の養成課程を修了し免許状を取得しますが、更新手続きがあるので、忘れずに行うことが大切です。

Read

必要とされるお仕事

女の子と婦人

質が求められえいる保育士業界ですが、昔にくらべてやや門戸は狭くなりました。養成学校から目指す人が増えている一方、短期取得のために保育士試験の合格を目指す人もいます。決して簡単ではありませんが、しっかりと傾向と対策を打てば問題ないでしょう。

Read

管理で役立つスキル

ウーマン

管理職になるためにも必要となるマネジメントの資格は、ある程度の管理経験と指定される研修を受けることが条件となります。これはマネジメントというスキルが単なる知識ではなく、実践に役立つレベルで備わっている必要があることを示しています。

Read